代表あいさつ

はじめまして、『日本あマ指医学会』代表の稲田靖人です。
現在、東京吉祥寺にて自費治療のみで治療院を経営しています。

私があん摩マッサージ指圧師免許を取得したのは平成15年です。
当初は免許はとったものの技術に自信が持てずにいました。

以後、さまざまな勉強を続けてきました。
現在では確固たる自信をもって臨床にあたっています。

気持ちがいいだけのリラクゼーション目的の施術ではなく、きちんと症状が改善を目的とした技術をお伝えしていきたいと思っています。

日本あマ指医学会 代表 稲田靖人
 

あん摩マッサージ指圧師という資格の価値を高めたい

ふだんから世の中における あん摩マッサージ指圧師(以下「あマ指師」と表記)の地位が低いと感じています。
それは巷に無資格の整体マッサージがあふれかえっているところからです。

この資格は名称にこそ「按摩」「マッサージ」「指圧」と入っていますが、その施術をするためだけの資格ではないと考えています。
資格がつくられた当時、世の中にあった「身体をケアするための施術」の名称をあてがっただけ。

現代であれば、「整体」「カイロプラクティック」という名称も含まれていたのではないかと思います。
だから『手技療法士』などの名称のほうが適切ではないかと考えています。

そのようなことに基づいて考えるなら、無資格者だけでなく鍼灸師や柔道整復師だって あマ指師を取得したうえでおこなうものではないかと思うのです。
自動車免許に例えるなら あマ指師は「普通免許」、鍼灸師・柔道整復師は「二種免許・大型免許」のように。

とはいえ、無資格であろうと問題がないというのが現実です。
だからそれはいいんです。無資格とかそこにそんなに強い執着はないんです。

でもそうなると あマ指師の存在意義ってなんなんでしょうね。
保険の訪問マッサージ用っていうだけですか?

なんかそういうのが悔しいんです。
病気で目が悪くなって、それでも生きていく術を与えてくれた あマ指師という資格の価値をなんとか高めていきたいと思っています。